3度目の「緊急事態宣言」を受けて

5月2日に行われた5月執事会において、以下のことを決議いたしましたのでお知らせいたします

(1)礼拝堂での礼拝は継続する

ただし、礼拝参加者は危険を再確認し、感染予防対策を確実に行うこと

また、礼拝に参列することで感染の可能性が上がることに留意し礼拝出席の回数を調整すること

(2)司式・受付・奏楽等すべての奉仕は当面白紙、牧師及び礼拝に参列した者で手分けして行う(教会学校礼拝も同じ)

(3)CS礼拝は「付き添う保護者は1名まで」と幼稚園から呼びかけている

加えて出来れば参列回数を各家庭で調整していただく